50代で起業 自分に合ったやり方で成功する方法

15年勤めた会社を辞めて起業を成功させるために僕がやろうとしていること

起業が順調に成功したら誰かの気遣いのお陰

桜が咲く頃に起業してフリーランスで仕事を始めて早や5ヶ月が過ぎ、鈴虫が鳴く季節になってしまいました。(これを執筆中は) 起業を始めた方の中には、最初の意気込みは何処へやら、明日は仕事があるのだろうか、また今月の生活費は・・・と、見えない不安…

街の本屋さん事情 売れるかどうかはカテゴリーと魅せ方が9割

お店に行かなくても物が買える、いわゆるネット通販が全盛の昨今です。 このままでは店で物を買うという習慣そのものが無くなって、ネット上の仮想売り場オンリーの世の中になるのではという懸念もあります。しかしつい最近立ち寄った大手書店の素晴らしさに…

仕事を時給で考えると限りなく気持ちが落ちる理由

自分が今やっている仕事がどの程度の価値があるのか、それを知る術として「時給に置き換えてみる」という見方があります。 パートやアルバイトで仕事をすると、時間に対するお金の感覚が正社員より明確です。 時給:◯◯◯円〜なんて条件が提示されるわけですか…

利害が一致するとはこういうこと

利害関係とは? 同じ物事によって得をしたり損したりする関わり合いが食い違いなく一緒であること ・・・・辞書の載っている過不足ない説明ではピンと来ないので私自身の実例を元にご説明させて頂きます。 目次 昔ながらの考え方・・・利害の一致とは? 実際…

発達障害という言葉

最近の私自身のブログのテーマに「個人差」について書かれているものが幾つかあります。 目次 知能検査というテスト 発達障害という言葉は自分に当てはまるのか? 出来ることも個性、出来ないことも個性 人はそれぞれ違うもの、誰ひとつとっても同じではない…

“普通”の個人差を理解してください

ある人にとってみればパワハラと感じ、別に人から見れば普通な出来事と思う。その線引きは相変わらずグレーゾーンです。何故かというと「感じ方の個人差」があるため、第三者に判断がしにくい訳です。(第三者の感じ方も違いますから)その部分を把握した上…

適当とテキトーは違う

「適当」という言葉を聞くとどう感じますか? ええ加減、雑な感じ、深く考えずに起こす行動や選択・・・等、あまりいいような意味合いでは語られる言葉ではないですね。 私の記憶の中では、仕事に於いてこの言葉を使われると、実に困る事が多いわけです。 こ…