50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

そもそもフリーランス

元いた会社に出戻るという愚行

出戻りとは? 一度出かけて、途中でもとへ戻ること。 嫁いだ女性が、離婚したり、夫に死別したりして生家に戻ること。また、その女性。 ここでいう出戻りというのは、何らかの理由で会社を辞めたものの、やっぱり前いた会社のほうがよかったよなぁと思い、元…

年齢不問といいながら年齢を理由に断られた笑い話にもならない話

フリーランスで仕事をしていながら、世間的には会社に属さない人間は失業扱いにするという、私としてはなんとも不条理な話。 失業給付金等の関係で表向き求職活動をしている最中(そういうと真面目に求職している人を邪魔している不届き者扱いされそうですが…

働いている姿を家族にさらすということ

会社勤めを続けていると、ほぼ100%自分が働いている実地の姿を家族に見られることはありません。 電話でお客様にクソカスに怒られようが、上司に間違いを指摘されて凹んでいようが、黙って家に帰れば家族は気が付くことはないでしょうね。 よほど腹に据えか…

起業家精神ってなんですか?

久しぶりに会った知り合いに開口一番言われたこと。 「そういえばフリーで仕事してるんですって?ということは社長だよね」 どこかに開業届を出したわけでもなく、屋号もなく、ただ単に1人で自宅の片隅で仕事をしているだけ。 なのに社長呼ばわりは嫌 人間…

フリーランスの極意 潜在意識に訴える営業をしましょう

フリーランスというのは何処にも所属してない故に定期の仕事またはそれに伴う収入が安定していないのは皆さんも理解していることでしょう。 何もないよりマシっていう意味でフリーランス一年生の私は、1点1000円程度のデータ作成をしゃかりきにこなし続けた…

フリーランスの最初は授業料だと思って何でも取り組みなさい

フリーランスで仕事をするにあたり、前職場(印刷会社)の社長からの言葉 最初から誰でも上手くいくなら、フリーランスが話題になることってないです。余程の強運の持ち主ではない限りボロい商売じゃないのは当然じゃないですか。 その中で一握りの儲かって…

何もしない・・・そんな一日があってもいい

フリーランスとして仕事をするようになって、休みの取り方が無茶苦茶下手になりました。というか休んでもいいんかい?っていう不安からだけど・・・ とある週末、午前中締め切りの折込チラシのお仕事を朝の8時頃までに超バタバタで片付けて、ほっと一息。一…

50代からのフリーランスは質が高くて賢い仕事の仕方をすべし

同世代の数少ないフリーランスの知り合いとお茶した時の話 お互い50代に入ると若い頃のようにがむしゃらに案件をこなすなんてスタイルは出来ないよね。そもそもフリーランスって自分の技術の切り売りするような感覚でいる人も多いけど・・・ 間違ってはいな…

自己都合の退職が“会社都合の退職”に変わる場合があります

ハローワークに失業保険関係の手続きに行った時のお話 その前に・・・ フリーランスやってるくせに何故にハローワークやねん?と思うなかれ。 今後どんな形態であれ、仕事をしていきたいと思う意志があるならば、結果的に企業に属しようがフリーで仕事しよう…

蝶が羽ばたいて僕はフリーランスになった本当の話

久しぶりに本の整理をしようと本棚の中身を棚卸しすると懐かしい本が出てきた。 バタフライ・エフェクト・・・世界を変える力 確か7〜8年前に購入した本 カオス理論だの、そういう方面に興味があったわけではなく、デザイナーという職業柄、単に本の装丁が…

フリーランスですが、幸いしがらみを感じない日がありません。

しがらみって聞くと、目には見えないけど古くからの繋がりで束縛されるという悪い意味合いでいわれますが しがらみの本来の意味とは? 「水流をせき止めるために杭を打ち並べ、それに木の枝や竹を横たえたもの」「せき止め絡むように束縛となるもの」という…

フリーランス最大の弱点?

フリーランスというスタイルを取っているが故に、人との接点の無さは、ある意味お気楽、ある意味孤独です。 たまに前職の印刷会社から仕事の依頼でお呼び出しされることが少なからずあるわけですが、当然勝手知ったる前いた会社なので、緊張の“き”の字も感じ…

フリーランスは自分ブランドを持ちなさいっていう話

ブランドとは・・・ ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別できる特徴を持ち価値の高い製品のことを指します。 わかりやすく説明すると、例えばパソコン。アップルブランドの根付いた製品がたくさんありますね、MacやiPhoneがその代表で…

フリーランス〜ちゃんと休日を取っていますか?

フリーランスという仕事の形態を始めてまだ半月にもならないこの時期。 収入のことやら保険関係の切り換えのことやら、気になることが山のようにある中で、このままの状態で仕事を続けるとエラいことになるで・・・と気付いたこと。 それは 休憩や定期の休日…

同じ仕事なら前の会社でもよかったんちゃう?が無理な理由

どこかで聞いたような言い回しのお題です(笑) フリーランスという形態で仕事を始めたとはいえ、外部との繋がりが殆どない私はまるで陸の孤島状態になるのはわかっていたこと。 幸い前職の印刷会社から、細々とではありますが、外注先のデザイナーという立…

やりたい仕事と実際にやる仕事は違うという現実

フリーランスという形態をとっていながら、駆け出しの私にそうそうお仕事が舞い込んでくるはずもないことから、前職の勤務先(印刷会社)から下請けでお仕事を頂いているわけですが・・・ 営業を兼ねて元いた会社に訪問した時のお話 A氏曰く 最初のうちは、…

フリーランス必見!2分で始められる簡単インターネットファックスの話

フリーランス、特に私のような自宅をオフィスとして仕事する、いわゆるSOHOの場合、外部とのやりとりに悩むところです。 MailとLineで十分やん! 確かに簡単な情報だけならばそれで十分です。でも、仕事によっては現物を見ないと確認しづらいことも数多です…

フリーランスとはいえ、最低限やっておきたいこと

会社員時代は、目の前にある仕事を遮二無二こなすだけという毎日でしたが、いざフリーランスとなるとそうはいきません。 会社員から個人事業主に転身するにあたって、保険関係の切り替えが必要です。厚生年金から国民年金に変わるにあたって、馬鹿高い保険料…

種まきしないと絶対に芽は出ません

農業の話をしたいわけではありません。 フリーランス3日目にして、頭では理解していたことが現実に目の前に現れるとビビるという話。はて?なんのこと?ズバリいうと 会社員時代は、毎日毎日あれしてこれして・・・の連続。仕事が途切れることなく入ってき…

フリーランス 家族の協力無くして成功はあり得ません

以前は普通のサラリーマンをしていた私ですが、そもそもフリーランスの本当の意味を知らず、単に憧れ的な感じで捕えていました。 聞こえがいいじゃないですか(笑) フリーランス、独立、個人事業主、代表・・・ 会社を辞めるにあたって、今まで使っていたPC…

フリーランスやるなら、そろばん勘定のうえで

そろばん勘定とは 電卓が出るまでは計算、つまり金勘定に必須の道具で、そこから損得勘定、お堅い言い方をすれば、しっかりと経済性を考えた上での戦略と言うことです。 解りやすくいうと思いつきでない、行き当たりばったりではない、経済性を考えた上での…

自分都合による退職、フリーランス宣言は本当に悪なのか?

後向きで会社を辞めざるを得なかった人に有りがちな心の動向です。 自分自身に対する戒めの意味で書かさせてもらいます。 退職する最終日にも関わらず、人によってはあまりいいように言われない人も少なからずいます。 自分勝手に辞めるんだから・・・とか、…

思っていることは言葉にして即行動しないとヤル気の賞味期限が切れるよ

会社員生活に昨日ピリオドを打って、さあ今日からフリーランスと思いきや、世間ではゴールデンウィークということで、小休止。一応最終日に、カタチだけの送別会を催していただき、何の後悔もなく仕事を終えることが出来きてよかったと思います。 送別会での…

不安を煽る人の心理状態が理解できない

フリーランスで仕事をするにあたり、不安と期待が交錯する毎日です。 そういう気持ちを察せずにやたらと不安を煽る人が少なからずいます。 何でも一人でやらないといけないんですよ・・・できるんですかぁ?トラブルがあったらどうするんですかぁ?そもそも…

物事を二択で考えるのはいい面もあれば悪い面もある

会社の決定事項などは殆ど二択です。 やるかやらないかしかありません。どうしよっかな?なんてふざけた台詞を吐く上役がいたら、おケツを蹴飛ばして下さい。 しかし、人の感情が絡む事柄に於いては二択に拘ると限りなく損をすると思います。 例えば、Aさん…

フリーランスの敵!どんぶり勘定

どんぶり勘定というと食べ物の丼を思い浮かべるけれど、実は全く関係がありません。 どんぶりとは、江戸時代の職人が身につけていた胴巻きのこと。江戸時代から戦前にかけての職人さん達は、胴巻きをつけて、そこに小銭や小物を無造作に入れて財布代わりにし…

フリーランスおめでとうございます?

時間に拘束されることなく、自分の時間、自分の裁量で仕事をしたい、いわゆるフリーランスになることを決心して半月(これ執筆中はまだ会社に在籍) 周りの反応は様々なのは本当に驚かされます。 というか殆どが無関心な連中ばかりだけど、中には社交辞令で…