50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業を成功させるために僕がやろうとしていること

Macのお仕事

仕事を時給で考えると限りなく気持ちが落ちる理由

自分が今やっている仕事がどの程度の価値があるのか、それを知る術として「時給に置き換えてみる」という見方があります。 パートやアルバイトで仕事をすると、時間に対するお金の感覚が正社員より明確です。 時給:◯◯◯円〜なんて条件が提示されるわけですか…

どちらが早いか勝負ですよ

在職中に同僚の女性から挑戦状を叩き付けられたことがあります。 なんの?? DTPソフトのオペレーションの早さ競争です。 なぜそんなことになったかというと、イラストレーター上でよく使う一連の単純処理を通常の半分くらいの時間で出来るスクリプトを彼女…

ありえないデザインなんてありえない

※同タイトルの書籍がありますが、その内容とは全く関係がありません。 今でも忘れられない学生時代のお話です。 とあるデザイン専門学校の通っていた私。イラストレーションの授業で幾つかのテーマがあって、それに即したポスターを作成するという課題があり…

暇つぶしに似顔絵描きました

前にいた会社からのお仕事で、ホームページ用に社員の似顔絵を載せるので人数分描いて欲しいという依頼。 似顔絵といっても、リアルな写真をイラストレーターでトレースして、若干(いや、かなり?)デフォルメして描いたわけです。 ↑これはその流れで描いた…

僕のとってデザインとは自己表現の手段

とある人物から質問をされた あなたは仕事に楽しみを求めているのですか? 私:はい(即答) そういうあなたは仕事は楽しくないのですか? 彼女:私は仕事は遊びではないので楽しみを求めるとかやりがいとは考えたことがありません。 僕:でも興味があるから…

共通のルールに則ってデータ作成願いますというお達し

先日、イラストレーターで表組データを作成した時のこと。 発注先の担当者から、「前回やった似た仕様のデータがあるので、それを下敷きにしてくださいね。一から書き起こすのは大変でしょうから。」とのお気遣いがあったので、今回は楽勝かなと思いきや・・…

拒否反応を起こしそうな苦手な仕事

フリーランスをやっていると最初のうちは来るもの拒まずの精神で、なんでもかんでも引き受けてしまうものです。 断ろうものなら 出来ひんかったらもう頼まへんから っていう最後通告を聞きたくない一心で「ありがとうございます!」ていう心とは裏腹な台詞を…

50代 枯れたデザイナーも今の世の中には必要です

枯れるという表現は、悪くいえば出涸らしのお茶のように、アイデアを出し尽くして枯渇してしまい新鮮味に欠けてしまう状態をいいます。 確かにアウトプットの連続で、充電をせず走り続けると人の思考は頭打ち状態になること必至です。 私の充電方法のひとつ…

デザイナーとしてそこは自慢するとこちゃうやろ

そもそも世のデザイナーは皆プライドが高くて、誰よりも負けたくない意識が高い人ばかりだと思う。逆にそうじゃなければやっていけないんじゃないかな? たとえば・・・ デザイン案をクライアントのとこに持っていってコンセプトを説明するとします。デザイ…

ポートフォリオをつくろう

フリーランスを目指したいという思いと、自分はまだまだ組織の中に生きる人間という思いの狭間で50代になって早々に転職活動をしていた時期があります。 えっ?50代で 転職??? この期に及んで何を考えるやら・・・と 思われそうだけど その時は物凄く思い…

デザイナー泣かせの“とんでもデータ”の話

昔と違って印刷データは誰でも作れる時代になりました。いや・・・正確にいうと商業印刷用のデータを指すのではなく、家庭用のプリンターで印刷できるデータという意味。 家庭用のプリンターで数千枚の印刷が短時間で出来れば・・の話であって普通は印刷会社…

illustratorの起動画面はやっぱりビーナスがいい

DTPをやるならこれしかないといわれる定番ソフト adobe illustratorですが普段当り前のように使っていて 最近の起動画面って・・・ なんか・・・おもんない って思う ちなみに今使っているのが少々古いけどCS5 立体的なのかどうなのかよくわからん・・捻りが…