50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

領収証や納品書という名の複写式伝票印刷その1

印刷物の種類は山のようにありますね。折込チラシやカタログ、DM、名刺、はがき他・・・空気と水以外だったらなんでもありの世界です。で・・・・私どもの会社が制作してる“伝票”という名の印刷物。複写式になっていて1枚目に書くと2枚目の紙に青く発色して写ります。写る必要枚数だけセットにしているわけです。同じものが2枚必要だったら2枚複写、3枚必要だったら3枚複写ですね。何故写るのか?昔は紙の裏に青いカーボンが貼ってあり、それが筆圧で下の紙に写る仕組みだったけど、今は違うんですよ!1枚目の紙の裏と複写される紙の表側に薬品が塗ってあって、筆圧で紙同士が化学反応を起こして発色する仕組みなんです。通常は青く発色するけど、黒く写る“黒発色”っていうのもあります。とはいえ黒く発色するとどちらが複製されたものか解りにくいのであまりおすすめはしません。紙の厚みも種類も様々ですし、あまり筆圧を掛け過ぎると、次の写ってはいけない所まで打写ってしまわないようにボール紙のような厚い下敷きが必要なんですね。ちなみに昔ながらのカーボンを貼っているんじゃないので、複写式の用紙のことを「ノーカーボン」っていいます。