50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

死ぬくらいなら会社辞めれば?ができない理由という本

 この話題の本・・即買いしました(笑)

といっても半年前のお話です。

f:id:yoshipapa3911:20180313214829j:plain  

同業者ということもあり、かつての自分を見ているようで共感しました。

かつての自分?といっても幸い自殺したい心理になったことはないですが・・・

今でもよく思うことは、仕事に忙殺され過ぎてこの生活が当り前に感じてしまうこと。

夜の8時や9時退社なんて夢の話、定時は10時で頑張るのはそれから・・・なんて

馬鹿げたことがまかり通っていたわけで・・・。

両親にもいわれました。

そんな働いて身体壊さんときや・・・

で・・・・壊しました・・・・残念ながら・・・です

頸椎(首)ヘルニアです

加齢による原因もあるけど僕の場合、朝から深夜までMacでデザイン作業を続けて首に負担を掛け過ぎて(姿勢の悪さも手伝って)発症です

どんな症状かって?

椎間板っていう骨と骨のつなぎ目にあるクッション材の疲労で、ムニュ〜っとはみ出して傍を通っている神経を圧迫して麻痺させるんです。当然神経の通りが悪くなるから身体が動かなくなります。というか動かし方がわからなくなります。

動かし方がわからんってそんなこと有り得ん!

信じ難いですがそうなんです。

そりゃそうでしょ?考えてみてください

頭からの「手動かせ!」っていう命令が首で遮断されて手まで届かないんだから

命令されてないのに勝手に動かないものね

日常で生活に支障をきたすわけですがいちばん苦しいのは食事です

箸が握れません!

仮に持てたとしても口まで手を運べません

口をお椀に近づけて犬食い状態です・・・

この頃かな?握力がゼロだったのは・・それとこれが最大の苦しみ

トイレでお尻を拭けません

手に力は入らないしそもそも動かないんだから

ウォシュレットのないトイレは利用不可能でした

その他にも、衣類を一人で着ることが出来ないし

ひとりHすらできません(焦)

こんな状態でありながら半年間無理して仕事を続けた結果

即刻入院!普通じゃないのになぜ気が付かないのか?

病院の先生に怒られました・・・で手術です(当然)

3ヶ月会社を休みました・・・でもその間も会社はちゃんと

動いていました・・・

俺がやらんと誰がやる!って思っていた自分が馬鹿でした

今では俺がやらんと誰かがやる

に考え方が変わりました

会社なんて自分の変わりなんて何とかして作れるものです・・・

 

入院中に看護士さんからいわれた言葉が今でも心に残っています

仕事のことは全部忘れなさい 今は身体を直すことが仕事だから

そして感じなさい

見上げれば空が青いことを 地面を見れば綺麗な花が咲いていることを

 

ながらくそんなことを思う余裕がなかったので

その言葉新鮮でした

ヘルニアそのものは生死を争うような辛い病気ではないけれど、そのまま仕事を続けていたら冒頭の本のタイトルじゃないけれど

自分を殺める結果になりかねなかったと思います

長い人生には立ち止まる時間も必要だと誰かが言っていたけれど確かにそうだと思います。