50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

複数のことを同時進行できない超シングルタスクな人へ

シングルタスクとは

一度に一つのことを集中して行なって、それが終わってから次に取りかかる方法

マルチタスクとは

複数のことを同時に行なって効率化を図る方法

家庭で例える代表としては料理がそうですね

お鍋でグツグツ煮込みながら片方では食材を刻みながら的な

ある程度放ったらかしに出来るものから目を離して

別の作業を行うと・・・・

 

女性はそういうマルチタスクの作業に長けていると聞きます

脳の性質によるものだそうで、右脳と左脳をやり取りする部分が

発達している女性脳の持ち主は、複数の情報の切り換えが素早く出来て

同時作業が得意ということです(女性・・じゃなく女性脳の持ち主)

見た目の性別じゃなくて、あくまでも脳の傾向の話ですので

 

男性(脳)の方は一つのことに集中して行なうことに長けていて

それは女性の比じゃないとのこと。我を忘れて・・とか

寝食忘れて・・とか男性に多いのは先に申した通り男性脳のなせる技でしょうか?

 

中には男性なのに同時進行が得意!なんて人もいるけれど

女性の比じゃないようです。同時進行といっても幼稚園レベルですって・・・

残念だけど・・・

 

そういう僕自身は圧倒的に見た目も男性、脳も男性(笑)

 

複数のことを同時に出来ない

超シングルタスク人間

 

例えば家でドリップ珈琲を飲もうとします

お湯を火にかけている間ず〜っと沸くのを待っています

すると隣にいる奥さんからひと言

「ぼ〜っと眺めててもお湯は早く沸かへんよ!ドリップする用意とかコップを用意するとかやれること先にやったら?」

確かにそうです。放ったらかしに出来ることはコンロにまかせて他に出来ることがあるのに僕の場合、それが出来ない・・その訳は

沸騰させ過ぎて、お湯がこぼれて汚すのが嫌

そもそもお湯を沸かしていることを忘れる可能性があるのを自らよく知っているので他のことが出来ない

 

職場でもそうです

印刷会社なのでPCのオペレーションとオンデマンドプリンターの同時作業なんて日常茶飯事・・・だけど僕にはそれが超苦手

やろうとはするけれど、どっち付かずで作業は遅々として進まない

 

能力の問題じゃなくて脳の問題やから・・・の言い訳が通用しないわけで

普通に同時進行できる人には信じ難い事実なようで

“えっ????なんで???テキパキやればいいだけやん!”

そのテキパキが出来ひん人もおるんや・・・ここに

 

異生物を見るような視線が痛いです

 

特に仕事の繁忙期になると“効率よく同時進行で乗り切ろう!”なんて胸に突き刺さるようなスローガンをかかげられて、PCの単純作業のバッチ処理させるスクリプトをつかったりして、1分1秒を争う世界で仕事をしているけど

ひとり冷めた野郎がそこにいた・・・僕だけど

ただでさえ電話対応や打ち合わせで仕事が中断する要素が多いのにスクリプトバッチ処理で素早く??

 

例えれば・・一般道を目一杯のスピードで走っても信号で引っ掛かって思うように走れないことが多いけどそれと同じ。先の信号が赤なのにワープするくらい急いでも無駄。

それならば高速道路で時速60kmくらいのゆっくりスピードで止まらずに走った方が早く到着するのと同じように、仕事もひとつのことを確実に集中した方がはるかに間違いが減るし、結果的に早くできると思うんだけど。

 

マルチタスクといっても所詮人が出来ることは“疑似マルチタスクです

切り換え切り換えして一度に出来ることはひとつずつ。PCのCPUのように複数あったら可能だけど残念ながら人の脳は一つだからね.

 

結論

シングルタスクでいいやん!

ひとつひとつ確実にやった方が結果は上