50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

へぇ〜!そうなんや!知ってて損しない印刷のこと

印刷会社に勤務してまず最初に教えられたことは印刷の仕組み。印刷の元となる版下という台紙を切って貼ってアナログ的に作っていたのは30年前の話。MacでのDTPが登場して以来、おそらくそんな原始的な方法は絶滅したと思われます。

でも・・・ですよ・・

印刷は昔と変わらん基本的に

全然進化していません

昔から印刷を専門にしてきたオペレーターさんからは抗議されそうだけど・・・小さい変化は確かにある・・・でも原理は同じです。

そんな現代の化石といわれるほど永きに培われた印刷を紹介します。

f:id:yoshipapa3911:20180325145340j:plain

これが今主流の工程です。

Macillustratorを駆使してデータを作成しプレートセッターで製版。印刷の元になる黒い樹脂です。昔は一度フイルムを出力してから、PS版(アルミ製)を焼き込む工程を踏んでいたわけですが、その工程をすっ飛ばしていきなり印刷機に掛けられる版が出来上がるわけです。まるでコピー機でプリントするくらい簡単。で・・・印刷が始まるまでものの10分後(吃驚仰天)

 

僕がこの業界に関わりだした頃は、おそらくアナログ工程を踏んで半日以上は掛かっていた工程がものの10分ですよ。約100倍のスピードです。印刷の前工程が如何に劇的に変化したのかを物語っていますね。それに引き換え印刷工程は?

印刷するスピードは早くなったとしても100倍は有り得ません。1.5倍?2倍?おそらくそんなもんです、僕が現場で見る限りでは。

 

印刷方式も基本の原理は同じ。すこしオフセット印刷の仕組みをお話ししますと

f:id:yoshipapa3911:20180325150818j:plain

オフセット印刷の語源は、版についたインキをブランケットと呼ばれるゴム製の転写ローラーにいったん移し(Off)そのブランケットを印刷用紙に転写(Set)されるといった版と用紙が直接触れない印刷方式から「オフセット」といわれています。

オフセット印刷用の版に凹凸がありません。現像された版の上で、水(湿し水)と油(インキ)との反撥し合う性質を利用し、インクがのる部分とのらない部分とを分けています。

f:id:yoshipapa3911:20180325151426j:plain

1、湿し水で版を濡らします

2、水を反発する絵柄の部分に油性インクがのります

※インクローラーが複数あることで版の全面にまんべんなくインクをのせることが出来ます

3、ブランケットに転写されます(逆像になります)

4、紙に転写されて印刷完了です

 

オフセット用のインクは速乾性なので高速且つ綺麗な印刷が可能です・・・なんて何処ぞのカタログに載ってある風に書きましたが、先に述べたように30年前からこの方法です。

僕が思うに・・・・・・

オンデマンド(プリンター)でガンガン印刷できる時代に、いちいち版をこさえて、印刷機にセットしてカッシャンカッシャン刷っている様・・・とくに今在職している印刷会社には単色オフセット機がメイン

単色機とは、一回に一色ずつ印刷できる機械。世のカラー印刷物はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)が使われていますが、それでカラー印刷を試みようとすると版のセットし直して、インクも入替えする時間を含めると・・・10倍近い時間がかかります。(物にもよりますが・・・)

プリンターでカラーで1000枚通すのにものの1時間ほど。小ロットに限るけど、汎用性やスピードを考えるとプリンターの時代といっても過言ではありません。

じゃ・・・時代遅れの単色オフセットに未来はないの?いやいや・・・複写印刷などの見当合わせ※1とか、10000枚を越える大量印刷、超薄紙がストレスなく通せる部分に於いてはプリンターに勝ち目はないでしょうね。

f:id:yoshipapa3911:20180325155502j:plain

プリンターで刷った本の断面図です。データ上は同じ位置関係なのに印刷の段階でこれだけバラツキが出るわけです。でもオフセット印刷だとこれはありません。

※1見当合わせとは、同じ大きさの紙に複数枚数の印刷を行なった時、寸分狂わず同じ位置に印刷する技術のこと。

 

結論としては

印刷するものに応じてオフセット印刷、プリンターによるオンデマンド印刷と、上手に使い分けするのかいいと思います。

 

<