50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

散るさくら 残るさくらも散るさくら・・・

散って地面に絨毯の如く美しい桜の花びらを見て思いました。

良寛和尚の言葉

散るさくら 残るさくらも散るさくら・・・

まさに散ってしまったさくらもあれば散り残るさくらもある・・・でもいづれ散りゆく運命には変わりはない。

f:id:yoshipapa3911:20180330234417j:plain

こじつけかもしれないけれど、会社を辞めてフリーランスに挑戦しようとしている私。会社を辞めるという一大決心に近い出来事ではあるけれど、残った人達もいづれ退職という決断をするのです。

 

早期退職だから不幸 定年まで働けば幸せ・・・そんなおかしなことはないと思います。

仕事を始めた頃は若くて元気で何でも出来る気がしていたと思う。でも50代を迎えてそんなわけにはいかなくなりました。皆と同じ行動をせよと言われるけれど無理なものは無理、体力も気力も。

リタイヤはしたくない。でも全力疾走はできない。年相応の働き方の概念ってよくわからない。休み休みに仕事をするのかといえばそうとも思わない。

 

もういい加減面白みのある ワクワクする仕事をしてみたい。

嫌な気分にさせる仕事をするほど自分には時間が残されていないと思うから。