50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

無関心とは本当に恐ろしいですね

会社を退職するにあたり

唯一全員が集まる朝礼の場で発表がありました。

 

今月末を持って

◯◯さんが退職されます

以上

 

えっ?それだけ?

皆の顔を見ると“あっそう”ってな顔

 

◯◯さんは◯年勤められて

・・・どうのこうの

って話は一切なし

 

なんと無関心な連中なんだろうね

シ〜ンっとした冷たく感じられた瞬間です

何事もなかったかのように誰かが次の朝の連絡

その後誰一人「何で辞めんの?」とか「次どないするん?」とか聞かれることなく一日が終わろうとした時に同じ部署のM子女史からひと言・・・

やっぱあれが原因なん?

二人だけに通用するあれ・・・共通の上司の女性との不仲が直接的原因ということを知っているのは唯一M子だけ。

 

このまま彼女と仕事してたら頭がおかしくなる恐れがあるから、なんの躊躇もなかったけれど。

 

僕は印刷会社のデザイナーですから・・・後付けの理由で「デザインの仕事がしたい」とか「フリーでやりたい」なんてなし崩し的にそう言わざるを得なかったのも事実で。

いろんな考え方の人がいる職場ですからね。

どうでもいい人間関係で悩むくらいならフリーでやったらぁ!

それくらいの気概はあるしね。

そういや本屋さんに最近よく並んでいるヤツ。

頭に来てもアホとは戦うな!

正に今そんな気分・・・

ブラックじゃないけど決してホワイトじゃない会社

 今一番やってみたいこと最近見た映画で「ちょっと今から仕事やめてくる」のラストのほうで、主人公が仕事を辞めて鞄をグルグル廻しながら、清々した顔で走っていくシーン・・・ひそかにやってみたいと思う自分はどうなんでしょうね。ええやん!