50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

50代になって気付くことが多過ぎる

人ってその年代になって初めて気が付くことが多いですね。

50代になって初めて両親の気持ちがわかりました。年齢差でいうと私と娘、私と父と年齢差と同じ。娘が成人してその後就職した時は・・・一仕事終えた気分でした。ホッと一息っていうのか親の責任を果たしたとでもいいましょうか。そういえば僕が仕事始めた時は、父は今の私と同じ年齢。父にもそんな時代があったのかと思うけど、自分がその年になると、こんな私でも心配してくれてたのか・・・と感謝しますね。というかもう亡くなっているのでその気持ちを伝えることは出来ません。

父親が亡くなって初めて父親の気持ちを理解する

生きているうちに・・・って今さら思うのはもう居ないからかもしれません。

よくいいますよね。居なくなって初めてその人の大切さを思い知る

さて・・・私はそんな風に思われるのだろうかと心配してしまう

これを執筆後3週間で会社を卒業し、フリーランスに転身するわけですが、ある程度覚悟をした上の決断ですが、やはり後々の仕事のことも気になります。また、会社に残った連中のことも同じく。年いった扱いにくいおっさんだったけど、一応リーダー経験者の私としては、彼ら彼女らがどうしたら人の気持ちを理解できるようになるんだろうかと心配で仕方ない。特に年上に対する物言いが全く駄目なこと。

確かに会社には役職があって、年齢に関係なく、指示命令が出せないといけません。そこに配慮や気持ちのブレが加わると伝わらないこと多いですから。毅然とした態度でそれが出来るのが優れたリーダー・・とリーダーになる前は思っていたけれど、それは間違いではないけれど、100%正解でもないことがわかってきた。人は言葉で動くのではなく、気持ちを揺さぶられて初めて自らの意志で動くのであって、言葉だけで動くのならば、それはロボットと同じ。四の五のいわんとやらんかい!では誰も言うこと聞きません。

なぜそれをする必要があるのか、どういうことを狙っているのか、どういう結果を望んでいるのか

そこをきちんと説明できて初めてリーダーになれるんですね(時既に遅し、退任してからです・・気が付いたのは)

なぜ今の若いリーダー達は気が付かないのか?と毎日悩むこと数多だけど、そんなの当り前ですね。

彼らは経験してないから

今なら1秒で気が付きます。

私は経験しているから

それを伝えても理解を越えたことは伝わりません。

以前後輩に上司の重圧っていう意味わかりますか?と問うたところ、わかりませんとの答え・・・それと同じ。

 

50代になって健康面での不安があったり、仕事面で先が見えかけてくる年代です。20代30代の頃は50代って永遠に訪れないほど遠い未来だと思っていた。でも生きている限り必ずやってくる。その時になってアタフタしないような心構えをしないといけませんね。