50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

送別会という名の まやかしの宴には興味がありません

普段以上に思い切りネガティブなお話です

会社を辞める時のお決まりの行事・・・送別会。僕自身幾度となく転職する際には歓迎会やら送別会に参加してきたけれど、正直あぁいう会は苦手。何故かというと、退職するにあたって、皆の前でそれ風のお話をしないといけないし、花束とか色紙とか貰っても後々困るし。そもそも会社の中に自分の居場所がないと思うから辞めるのにそれをぶち壊すような話をすると、恩を仇でかえすようなものだから。でもまぁ・・・そのくせ、その時だけは主役ですから、逃げようがありません。天の邪鬼というかへそ曲がりというか、なんと言われようとも結構だけど、苦手なものは仕方ないわけで。

で・・・今日同僚の女史が僕にひと言

送別会を開きたいんですが、Yさん(僕)はどうしたいですか?

誰のやねん?なんて愚問を口にするとしばかれそうなので真面目に答えたわけで。

「正直いうとどうでもいい」

すると彼女は

15年も勤めてどうでもいいはないでしょ?答えにくかったら3択で好きなのを選んで下さいよ

その1・・・居酒屋かどっかで飲み会

その2・・・部署だけでひっそりお別れ会

その3・・・会社内で皆でお別れパーティー

困ったね  やらないという選択肢はないんや・・・まぁその3かな?大掛かりなものは望まないから。そもそも送別会をどうしたいですか?の質問を本人にすること自体、阿呆かお前・・・って思いませんか?

今まで散々嫌味っぽいことばかり言ってきたくせに今更お前の口から送別会っていう言葉が出るのか不思議。最初からお互いを尊重する間柄ならば、こんなことにはならなかったのに。「独立して一人でやれば?」って言い放ったのは彼女だからね。

願ったり叶ったりじゃないの?って嫌味のひと言でも言えばすっきりするかもしれないけれど、最後くらい大人の対応をしないといけません。

飛ぶ鳥跡を濁さずっていうじゃないですか。

 飛ぶ前に失速して落ちないように頑張るだけ・・・。