50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

面白くないけど嫌いじゃないという言い方が嫌い

求人募集をかけてもなかなかいい人材が見つからないと人事担当C女史が言う。

そもそもうちの仕事ってやりがいがないのかなぁ・・・しんどいのかなぁ・・・おもしろくないのかなぁ・・・・・と呟くC女史に対して同部署のM女史がポロッと本音を漏らした。

 

う〜んまぁ・・・面白くはないね・・・・でも嫌いじゃないけどね

ものすごく曖昧な言い方だと思いませんか?特に嫌いじゃないという言い方ってどっちかわからない。その前に面白くないと宣言しているところが面白くない、僕的には。まだ面白みに欠けるといったほうが救いがあります。それに「嫌いじゃないけど」という言い回し。面白くないと言ったことに対してフォローしているような感じだけどフォローになってないよ。

要は自分がやっている仕事は面白くありません。それが無くなろうがどうでもいいです。

私にはそう聞こえる。限りなく無関心に近いのでしょうか?

幾度となく言った詞で

本来仕事というのはワクワクドキドキするものであり、結果がどうであれ、いろんな感情が沸き上がるものである。(喜びとか悲しみとか感動とか)そして、自らの感情に突き動かされてモチベーションが上がるものでないといけない

面白くなくて嫌いじゃない(無関心)仕事ってなにか自分にプラスになるのでしょうか?単にお金を稼ぐ手段ならそれでいいけど、長い人生の中でそれだけじゃつまらない。特に男性は一日の殆どの時間を会社で過ごすのに、面白くない仕事に時間を費やす暇あったら、自分探しの旅に出たほうがマシ(極論です)

 

知り合いからの言葉で自分の好きなことを仕事にしていたら自然とお金が付いてきたと言います。そんなむしのいい話はないわ〜と思うけど、金儲けしたいという打算的思考で仕事してもたかが知れているということでしょうね。

まぁ楽しいことを仕事にして、お金が付いてくるにはかなりの時間を要するとは思うけど、続けていけばそこの近づくのは確か。

 

だから、50代のあなたに聞いて欲しい

面白みに欠ける仕事を続けるのは時間の無駄使い。50代のあなたにはそんな時間は残されているとは思えません。ただ生きているだけと、楽しく生きているのとでは雲泥の差が出るように、ブツブツ文句を吐きながら面白くない仕事をする10年と、収入が減っても楽しく感じる仕事をする10年・・あなたはどちらを選びますか?言わずもがなですね。