50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業を成功させるために僕がやろうとしていること

仕事は上を向いてするものです

絵に描いたようなブラック企業

残業続きて、昨日は(正確には本日)深夜2時に帰ったという同僚がいます。

正直言って限界ですわ・・・と、漏らす彼の顔からは精機が感じられません。その後の彼の台詞に耳を疑いました。

俺なんかまだマシなほうですよ。世の中にはもっと酷い会社いっぱいあるし・・・。 

どこぞの酷い会社と比べたらうちなんかマシなのでしょうか?

連日深夜残業をさせられて、まだそういうことをいうのでしょうか?広い世の中を引き合いに出してマシっていわれてもそうとは思えない。不幸な誰かと比べること自体おかしい。もし比べるべき酷い会社がなければ、今の境遇をどう思うでしょうね。

なんで毎日こんなにこき使われてなんちゅう会社や。俺かて早よ帰りたいわ・・・

これが本音です。なのにそう口に出させない、自分より酷い条件で働く人を引き合いに出して、まだ下がいるから大丈夫だなんて、我慢強いにもほどがあります。

もっと正直になればいいのに。

まぁ自分の口から出た台詞なので自身で納得してのことだけど、仮に他に人に言われたらどう思うでしょうね。

君なんてまだマシなほうだよ・・・世の中には・・・・中略・・・

書いててちょっと腹立ちそうです、いや立ちました。

自分の頑張りを否定された気分ですね。

そもそも引き合いに出す相手が悪過ぎます。例えば子供がご飯を食べ残した時に「世の中には食べる物がない人もたくさんいるのに何故残すの?全部残さず食べなさい」子供にはその意味がわかりません。食べるものがない人は目の前にいません。それと自分が目の前にある食べ物を全部食べないといけないことがリンクしないわけです。

「なら、この食べ物をその人に食べさせてあげて」そこまでいうことが出来る子供もそう多くないし。

 下を向いて歩くと怪我をします

酷い条件で働き続けると、周りが見えなくなり、客観的な判断が出来なくなるという一節は、「死ぬくらいなら会社を辞めれば・・・」本の中にもうたわれています。誰の為に仕事をするのかということすら分からなくなるのは、いわば会社の思うつぼ。下を向いて歩き続けて、頭を打っている事すら気が付かないのはあまりに不幸です。文句も公に言えない社畜に成り下がっている事を誰かが気付かせてあげないといけません。

まずは、他の条件の悪い会社を引き合いに出して、今の自分の優位性に満足する考え方は即刻止めるべきです。

また、比べるべき人物は

過去の自分自身です

自分の頑張りを他人の物差しで測られるのは面白くありません。そうではなく、昨日の自分よりもほんの1cmでも成長できたことに喜びを感じたいと思いませんか?

冒頭の彼の場合も同じく。昨日の自分よりも今日は頑張れた(と思う)とか、あの人に喜んで欲しいから頑張る!って思うほうがモチベーションも上がります。

 

結論

今より条件の悪い状況を想像して、「今はまだマシ」という思考を続け、底なし沼に足を取られて、気が付いた頃には身動きが取れなくなり、手遅れ・・・にならないようにするには、こんな仕事の仕方がしたいという「理想」を持つことです。要は「上を向いて働く」ということですね。

頑張る源は手掛けた仕事で、どうすれば誰か(自分もしくはお客さん)を喜ぶばすことが出来るかを考えることであって、奴隷ように働いて◯◯よりマシっていう考えを持つことではありません。