50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

不安を煽る人の心理状態が理解できない

フリーランスで仕事をするにあたり、不安と期待が交錯する毎日です。

そういう気持ちを察せずにやたらと不安を煽る人が少なからずいます。

何でも一人でやらないといけないんですよ・・・できるんですかぁ?トラブルがあったらどうするんですかぁ?そもそも仕事できるんですぁ?

 

・・・・正直言うと・・・

あなたの心配には及びません

できるかどうかなんてやってないのにわかりません。物理的な準備はもちろん、イメージトレーニングはしています。商売ですから上手くいかない可能性は当然あります。でも上手くいく可能性もあります。準備をするのは大切だけど、準備に時間をかけ過ぎて、さあ本番!ってなった時にしんどくなったら本末転倒ですからね。

 

そもそも不安を扇ぎたがる人の心理ってどうなんでしょうか?

不安を煽って、オロオロしている様を見て面白がっている・・・なんか人の気も知らんと最低な輩ですね

失敗すればいいのにって思っている

口先では「応援してますよ」とかいいながら、もう一つの口から不安を煽る言葉・・・要は「失敗すればいいのに・・・」っていう妬みがあるのかもしれません。

自分自身も不安を抱えているから

私が現職を辞めることで、自分にその仕事が乗っかってくる不安感。自分が不安だからって、人に対して同じような思いをさせる物言いはどうかと思いますね。不安を煽るようなことを言って案外それでスッキリした顔をするものだから始末に負えません。

 

忠告なのかアドバイスなのか自分への戒めの気持ちなのか、定かじゃないけど、不安を煽る言葉より、表面的な薄っぺらい言葉でもいいから「期待していますよ」のひと言が聞きたいものです。

いちばん嬉しい言葉掛けは

  • やっと腹括ったか!頑張れよ
  • 独立するんや!おめでとうやね!男のロマン
  • やるなら一日でも早い方がいい。余力があるうちにな
  • 自分で納得して決めたことなら誰も文句言わんから
  • Yさん(私)は会社勤めは向いてないから・・・一人のほうがきっと上手くいくよ

等々・・・・

上手くいかなかったら◯◯すればいいっていう逃げ道はありません。退路を断つというやつです。そんな物凄い覚悟があるわけではありませんが、ドキドキワクワクしながら仕事をするっていいと思いませんか?

 

しんどいなぁ・・・辛いなぁ・・・生活がかかってるからしかたないなぁ・・・って思いながら仕事をするのは明日からは止めます。