50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

思っていることは言葉にして即行動しないとヤル気の賞味期限が切れるよ

会社員生活に昨日ピリオドを打って、さあ今日からフリーランスと思いきや、世間ではゴールデンウィークということで、小休止。一応最終日に、カタチだけの送別会を催していただき、何の後悔もなく仕事を終えることが出来きてよかったと思います。

送別会での私のコメントで

やりたいことがある

と堂々と言うことができたのはある意味ポジティブなのかなと自分で自分を褒めました。ちょっと思うことで、仕事上でこんなことをしてみたい!と思える人ってそう多くないことに気が付きました。

雑談のなかで、「お前はなんかやりたいことあるの?」的な会話が聞こえてきます。でも殆どの人は具体的で明確な答えを持っていません。いや、あっても思っているだけ。僕から言わせれば「それ・・思ってないのと同じやで」です。そういう私も行動するのに相当時間がかかったけど、やっと・・・やっとですよ、重たい一歩目です。 

で・・・やはり不安を煽るようなアホな連中も後を絶たないことに辟易です。そういうどうでもいい輩の言動に気持ちが左右されるとモチベーションにも影響するのでシャットアウトです。

ケジメということで、知り合い達に「今日で会社員生活にピリオドを打ちました」メールを打ちました。当然私の意志を理解している人達なので、一様に「フリーランスおめでとう!」を頂きました。

会社を辞めるというと、本当にネガティブに思われます。安定を捨てて勿体ない!的な意見ばかりです。先述通り不安を煽る人は妬んでいるだけ、それくらいに気持ちで聞き流しです。

さて・・・やるべきことが案外多いわけです。

  • 保険の切り換え(厚生年金から国民年金
  • フリーとはいえ職安で手続き(失業扱いと同じ)
  • 自宅なので、仕事環境の整備
  • 営業活動(当然飯の種ですから)

他・・・会社員時代は、ただ働くだけ(ただ働きじゃないですよ)お金のこととか保険のこととか会社におんぶに抱っこなので、何の心配もなく業務に集中できます。でもフリーランスはそうはいきません。事務手続きは当然のこと、仕事を取ってくるという営業活動と、収益に関することも自らやる必要があります。

あなた、できるの?

またまたそれをいうか??何故わからないことがあったら私に聞いてね!のひと言がないのか不思議。在職中に言われた「力になりますから」は大嘘ですね。

とはいえ・・・仕事最終日も通常の仕事を目一杯やって、連休明けもそれが続くのかと錯覚するほどの忙しさ。正直いうとこのゴールデンウィークは心の準備には有り難いです。仕事を辞めると即刻生活苦に陥るなんて誰の台詞でしょうね。まあそんな人の気持ちを察しない人は放っときましょう。