50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

自分都合による退職、フリーランス宣言は本当に悪なのか?

後向きで会社を辞めざるを得なかった人に有りがちな心の動向です。

自分自身に対する戒めの意味で書かさせてもらいます。

 

退職する最終日にも関わらず、人によってはあまりいいように言われない人も少なからずいます。

自分勝手に辞めるんだから・・・とか、これからは全部自己責任だからね・・・とか

これ、あまりいいように思ってない人の最後の常套句です。

自己責任ということはよ〜く理解はしています。会社という鎧を下ろして、身一つでやっていくのだから、それなりの覚悟があっての上です(正直いうと、わからないことだらけなので、何がわからないのかがわからないのが本音)

いちばん残念なのが

辞めることが自分勝手と言われたこと。なんか・・・予想外です。これまで自分なりに精神的にピンチであるという信号は出していましたが、誰も他人のことなど気にしていなかったのか、辞める宣言を予想外と見ていた人が多かったわけです。予想外か・・・私自身のメンタルの弱さ故に、この結果だけど、考えてみてください。もうアカン!っていう限界は人それぞれです。その程度のことで?とか思われることも多いです。退職に追い込まれる人の多くが感じることは

会社は個人の思いなどどうでもいい

確かに正解です。会社は社員が大切とは言うけれど、売上げアップという目的を達成する為に社員が必要であって、いうなれば将棋の駒ですね。逆に将棋の「歩」が正しい動きをしてくれないと勝負に支障が出るように、パワハラでメンタリティーが破壊されて働けない社員がいると迷惑なわけです。目に見える怪我ならば対処はするけれど、心は人には見えないですから。何が原因でそうなったのか解明をしてくれません。全て自己責任です。(心の労災って聞いたことありませんから)そうなるともはや会社は自分の思いなど通用する場所ではないわけです。にもかかわらず・・・いや、だから自分勝手という判断をされたのでしょうね。

さて・・・・会社を早期退職される方のすべてこんな仕打ちを受けているわけではないと思います。円満退職で、その後、前向きにフリーランスでやっていける人もあります。

私は・・・過去のことに捕われ過ぎて、フリーランスに挑戦するという前を向いていながら、実は後に歩いているような不自然極まりない状態。

誰それが◯◯してくれないが口癖の「くれない族」から脱出して、誰の為に何をするべきなのかを考えないといけませんね。

アクセル踏みながら、実はもう片方の足でブレーキをかけている自分に気が付いていないだけ。過去の経験がブレーキをかけているなら、それを許してあげるだけで簡単にブレーキペダルから足がポンと外れるから。

 ゴールデンウィークも終わり、明日からいよいよフリーランス始動だから、ケジメをつけて頑張りましょう。