50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

フリーランスやるなら、そろばん勘定のうえで

そろばん勘定とは

電卓が出るまでは計算、つまり金勘定に必須の道具で、そこから損得勘定、お堅い言い方をすれば、しっかりと経済性を考えた上での戦略と言うことです。 解りやすくいうと思いつきでない、行き当たりばったりではない、経済性を考えた上でのお金のやり繰りですね。

そもそもそろばんって何やねん?っていう人はいないと思うけどフリーランスのみならず、会社経営するに於いて、まずそれを考えずにスタートは出来ません。

似て非なる言葉で皮算用っていうものがありますね。

手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てることのたとえです。

でも考えてください。

経済性を考えた上でのお金のやり繰りも、100%ではないのです。過去の実績を元に“こうなるであろう”的な予測をもとにすすめるのも皮算用の中に含まれるんじゃないですかねぇ。

お前は経済のことがちっともわかってない!っていう批判もあるでしょうが、世の会社って殆どがそうじゃないですか?どんなに計画を立てても当てが外れるなんて日常茶飯事です。今期は赤字だった・・とか◯年ぶりに黒字だったとか、蓋を開けて初めてわかることばかり。会社をやっていう上で積み上げ式的な考え方では駄目です。

積み上げ方式とは?

売上げ高を明確に描くことなく、進めながら実際に積み上がった実績が最終的な成果となるという考え方です。「無計画」な「出たとこ勝負」の考え方といえます。それとは対照的なのが逆算方式です。

逆算方式とは?

最初に目標を具体的にイメージして、そこから逆算して、その目標に到達するための手段、方法、スケジュールを考えるという方法です。仕事の成果を高めるために大切な考え方ですね。

どちらがいいかなんて論議するまでもありません。

いづれにせよ、そろばん勘定がないと、商売が成り立たないのも事実。

で・・・・私自身の問題

フリーランスとはいえ、ひよっこ同然の私には仕事を頂く宛がありません。前職の会社からおこぼれを頂くしか現状ないわけです。(印刷会社のデザイナーでした)印刷会社の制作代がどれだけ安いのかは十分理解しています(当然)いわゆるどんぶりですから 

何もすることがないよりマシ的な考えでいると、ず・・・・・・っと安いまま。せっかくのフリーランスでやるという意気込みが鎮火してしまいます。よく仲間仕事同士であるのが、そろばん勘定抜きのお付合いで仕事をするという、繋がりだけで仕事をするというヤツ。無意味とは言わないまでも、そんなことを続けても、お互い身を滅ぼす結果になること必至なのにね。

そろばん勘定だけで仕事をする究極の方法

ネット上に紹介されている仕事をするに限ります

詳しくは下記をご覧下さいね↓

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス