50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業を成功させるために僕がやろうとしていること

同じ仕事なら前の会社でもよかったんちゃう?が無理な理由

どこかで聞いたような言い回しのお題です(笑)

フリーランスという形態で仕事を始めたとはいえ、外部との繋がりが殆どない私はまるで陸の孤島状態になるのはわかっていたこと。

幸い前職の印刷会社から、細々とではありますが、外注先のデザイナーという立場でお仕事を頂いております。

そこでよく第三者にいわれること

フリーランスなのになんで前の会社の仕事をそのまま引き継いでやるの?他との繋がりがないのはわかるけど、それなら辞めずに会社にいて仕事するのとなんら変わりないやん・・・

 

確かに会社を辞めて仕事場を自宅に変えて、パソコンも使っていたものをそのまま頂いて、コンセントさすだけで使える環境だけど、やっぱり・・・

4〜5年くらい前からの職場の背景を話さないといけないくらい複雑な話です。

※アウトラインだけは過去のブログで書かさせていただきました。

 

いわゆる社内の人間関係という、商売する上ではお客様には殆ど関係のない部分でのトラブルです。(わけわからんね)このままではお客様にも悪影響を及ぼしかねない自体になる前に、社を離れた方がいいと判断しました。

 

仕事が嫌なんじゃなく仕事に集中させてくれない壊れた人間関係の中で仕事をするのが嫌なだけ。だから辞めた後も社の仕事は進んでやっている。

 

理解に苦しむかもしれませんがそういうことです。

気楽だけど一人きりは苦しい・・・が今の気持ちです。