50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

起業家精神ってなんですか?

久しぶりに会った知り合いに開口一番言われたこと。

「そういえばフリーで仕事してるんですって?ということは社長だよね」

どこかに開業届を出したわけでもなく、屋号もなく、ただ単に1人で自宅の片隅で仕事をしているだけ。

なのに社長呼ばわりは嫌

人間関係がこじれて会社に居られなって仕方なく会社を離れただけ。で、仕事は元居たところから貰った仕事をしているだけ。やっていることは昔となんら変わりない。

起業家精神を高く持ってやられているんだね

私・・・・無言・・・そもそも起業家精神ってなんやねん!?

目標に向け途中で投げ出さず、いかなる状況においても困難を乗り越え自らの可能性を最大限に発揮して道を切り拓いていく心の状態

  • 会社の皆と足並みを揃えられずケツを割った私
  • 困難を乗り越えられず会社で自らの可能性を失った私
  • 閉ざされた可能性に意気消沈し職場を後にした私

今考えるとネガティブ過ぎて笑えますね。なにせ在職中は精神状態がボロボロで、このまま居たら自分が壊れるとまで思ったわけですから。

とはいえ、今、高い起業家精神を持って仕事をしているのかと言えばそうとも思えません。北斗の拳ラオウのように大きな野望を持っているわけでもなく、こうあるべき!なんて固い意志があるわけでもなし。

グラフィックデザイナーですから・・・敢えて言うならば

お客さんの望んでいるものを具現化し、且つ世の人達の心を動かせるようなデザインをしたい

当然それをするためには最低限の運転資金も必要ですし、人として生きるために食べていかないといけないし。

最低限持っておきたい考え方

①自己依存

簡単にいうと人に頼らず自分でなんとかするという気概です。

②自己管理

自分の体調管理やモチベーションコントロールを自分の責任下で行うことです。

③自己責任

何が起こってもその源は自分自身にあると考え方です。

④自己評価

他者の物差しではなく自分が納得できるように努力し続ける姿勢を持つことです。

⑤他者信頼

忘己利他、他者の幸せのために尽力する、また他人を信じることです。

いきなり全部達成出来ることではないですか、何か事を起した時、上記の5つの中でどれに当てはまるのか、そして結果はどうだったのかをしっかり振り返ることが大切だと思います。