50代で起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

悩んでいる君に今度は私が恩返しする番です

f:id:yoshipapa3911:20180606231422j:plain

仕事依頼の電話・・・といっても前職の会社でいちばん仲のよかった営業M女史から。

パンフレットのデザインをお願いしたいとのことで、電話で話すことが出来る範囲でひと通り内容確認した後、時間的に急いている訳ではないのでちょっと世間話

フリーランスでやっているととにかく喋ることが少ないので、数少ない電話が長引くわけです。

 

最近社内の雰囲気はどう?上手くいってる?と質問

彼女曰く、急に声のトーンが変わったので理由を聞いてみると案の定です。

私が辞めた時以上に、雰囲気が悪いとのこと

悪の根源と言ったら言い過ぎだけど、社長のナンバー2の上司が好き放題やっていて、社内の些細な処までルール決めを徹底し、ガチガチな体制に持っていこうとしているとのこと。

失敗した時の逃げ道というか言い訳を許さないシステム作り?に辟易。

たかが20人程の小さい会社なのにルールで縛り付けて窮屈なことこの上ないです!そのうち胃に穴開くかも

この台詞・・・・私が在職中によく思っていたことです。

また同じことを繰り返すのでしょうか、あの会社は。

とはいえ、もう私はその会社の社員ではありません。

客観的に思うこと

ルールは大切です。複数人、考え方が違う人が寄れば絶対に必要なものです。

※基本的に人を信用していないから、ルールで縛り付けるという考え方も少なからずあります。何をしでかすのかわからない、他人の考え方、捉え方、価値観は様々ですからね。

その目的は何でしょうか?

会社の目的は、顧客満足であり、社員満足・・・そうするために会社を適正に運営しないといけません。

適正に運営するためには決め事が必要です。

よく言われるホウレンソウが代表的ですね。(報告・連絡・相談)

言われたことは次の工程に伝える、解らないことは相談する・・・当然です。

要はどういうやり方をするかで、モチベーションは変わります。

出来て当り前、出来なければマイナス評価、いわゆる減点主義オンリーだとモチベーションは下がる一方です。

会社目的達成のためには何故ルールを守る必要があるのか、そこを補間した説明をキチンと出来てこそ、自らの意志で人って動くものです。そこが圧倒的に足らないからこうなるんです。

ものすごく殺伐とした空気が漂っているんだろうね・・・

私が解ったようなこというと、

そうそう!その通り!

って変な所を同意せんでもええです。

基本的な信頼関係とか仕事の合間でもちょっとした無駄話が許される(場の明るい空気をつくるという意味)という必要なコミュニケーションが絶対的に不足しているが故に繰り返される悲劇・・・・彼女が第二の私にならないように、仕事の打ち合わせと託つけて愚痴を聞いてあげる機会を作るのが今私が出来ること。

在職中、よく話を聞いてもらったので、今度は私がその恩返しをする番です。