50代から起業 後悔しないための自遊な生き方

15年勤めた会社を辞めて起業のために僕がやろうとしていること

50代で起業することを暴挙とは思いません

50代というのがどういう年代なのかをいっしょに考えてみませんか?

f:id:yoshipapa3911:20180517200546j:plain

もしあなたに子供がおられるのであれば学生もしくは社会人に出たての頃でしょうか?会社での立場はどうでしょうか?部下を何人か抱えて、実務というより管理に廻ることが多いのでしょうか?体調面ではどうですか?20代30代の頃とは違い、体力にものをいわせて無茶をするような年齢でもないし、かといって余程の野心家でもない限り、さあ50代!こんなことにチャレンジするぞ!なんて気力もないし・・・。

論語より抜粋

三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず

50歳で天命を知るとはどういうことでしょうか?

正直いうと全くわかりません(笑)

自分はこういう人物だということを理解し、今後こういう道を目指すんだということを知る年代なのでしょうか?

いづれにせよ私自身(これを書いている段階では)永きに勤めた会社を卒業し、起業するという暴挙に打って出ようと思うさ中です。

暴挙?・・・さてどうでしょう?後先考えずに動いているわけでもなく、かといって明確な未来へのレールがあるわけでもありません。真夜中にほんの2〜3m先を照らすライトを頼りにこれから進もうとしているわけです。

突然何かが飛び出してきてぶつかりそうになるかもしれません。また道に迷って立ち止まるかもしれません。だからといって安全に生きることだけを考えて、お抱え運転手のいる車に乗って、定年までは働き続けることが幸せとも思いません。

要は自分が納得の上でやったことには後悔はありません。絶対に事故らない安全な車に乗るのもよし、自分でハンドルを持って走り出すのも良し。

考えることが多い50代ですが、同世代の同じ思いのあなたに読んでいただければ幸いと思います。