日本政府に楯突いてみた件 パート3

ここまでくると殆どクレーマー状態なのは承知の上で、日本政府の対して新型コロナ対策の御座なりさを問うてみました。 「新型コロナとの闘い~日本政府はガダルカナルの失敗を繰り返すのですか~」 「失敗の本質」という書籍を参考に、今回のコロナ感染症に…

日本政府に楯突いてみた件 パート2

昨今、何をするにしても日本政府の遅々たる動きに業わく毎日です。ということでまたまた日本政府に抗議の意味を込めて意見具申しました。 事業規模108兆円の正体は? GDPの2割に相当する事業規模108兆円という金額はインパクトありですが膨らし粉で膨張させ…

緊急経済対策 事業規模108兆円は詐欺的数字です

2020年4月7日、政府は臨時閣議で新型コロナウイルスの感染拡大を受けた事業規模108兆円の緊急経済対策を決定しました。政府は「過去最大」と対策の大きさを自慢げに強調していますが、見かけの数字の大きさだけで「中身スカスカやん」との意見がSNS上で唱わ…

日本政府に楯突いてみた件

政府のホームページに首相官邸に対するご意見箱がありましたので、想いの丈をぶちまけてみました。 以下、投稿した全文をご紹介いたします。 政治家の皆さん、庶民と同じ目線で世の中を見てください。 兵庫県でフリーランスGデザイナーをしている50代男性か…

有事は人間の行動を変えるきっかけになるのか?

有事とは? 軍事的危機だけでなく経済危機、人為的大事故、自然災害、社会的大事件などの緊急事態を総じて「有事」と呼びます。2020年4月現在、コロナウイルスの爆発的感染によるパンデミックが引き起こされています。 今回の感染症によるパンデミックは、経…

嘘を嘘で隠し通せると思うなよ

消費税という「消費の罰金」が課されるようになって約30年が経過しました。同時に緊縮財政のせいで、供給が需要を上回る「デフレ」に突入し現在に至ります。デフレにより物の値段は横ばいもしくは下がり傾向です。 「物価が下がるのはいいんじゃないの?」っ…

1人だと慎重になるのにグループにいると大胆になる心理

コロナ感染症により、外出自粛が叫ばれています。とはいえ急用で出掛けなければならない時、「このお出掛けは急用だから大丈夫だよね・・・」って自身に言い聞かせることってあるじゃないですか。で・・・・街中にそこそこ人がいると自分のお出掛けが正当化…

ピンチは本当にチャンスなのか?

よく耳にする言葉で「ピンチはチャンス」 危機的状況でも前向きに捉えましょうという考え方ですが、私自身この言葉があまり好きではありません。これは本当にヤバいと思える状況、例えば明日のご飯代すら底をついた状況になったことがない故に、自分は危機的…

Alは人間のクリエイティブを超えられるのか?

Al(人工知能)は人間のクリエイティブを超えられるのか?という問い。 クリエイティブというのは、デザイン、マンガ、アニメ、音楽を指すものとして考えると結論・・・私の答えは ごく一部の模倣だけならできます 現に手塚治虫さんの新作がAIによって発表さ…

10年後の仕事図鑑 新たに始まる世界で君はどう生きるか

堀江貴文さんと落合陽一さんの持論を対談風にまとめられた本です。タイトル通り、今後AI(人工知能)の台頭により、働き方の見直しを推進させる内容となっています。 正直に言いますと、このおふたりは苦手です。何故って?頭が良過ぎて、常人とは違う切り口…