正しい回答をすると怒られる件

日本政府が出題した国語の問題です。 外国人労働者 IR法案 少子化 インバウンド この4つの単語を使って、作文しなさい。 Aくんの回答 少子化による労働者数の減少は近い将来経済成長を鈍化させる恐れがあります。政府は人材不足の民間会社の生産性を向上させ…

仕事にフェアプレーを持ち込んだ結果こうなった

仕事をしていくさ中で、スムーズに事が運んで気持ちよく完了する仕事ばかりではありません。グラフィックデザインという仕事柄でもないですが、納品後、文字が間違っているとか写真がてれこだとか印刷したら色調がイメージと違うとか、常に恐怖との戦いです…

働き方改革ついてフリーランスの立場でひと言

労働環境の改善、いわゆる「働き方改革」が国と産業を挙げたテーマして昨今話題に上がっています。現在フリーランスの私自身としては、そもそも企業内での話でしょ?関係ないわ〜と正直思っていましたが、企業の縛りのない働き方という見方をすれば自身で「…

大本営発表 景気は緩やかに回復傾向という虚偽

2019年末政府発表の月例経済報告における景気判断の発表を見て、目を疑うような報告に唖然。 景気は緩やかに回復傾向でしょう 2019年10月からの消費増税による消費の落ち込みを過小評価しているのか、全くデータを見ずに感覚だけでいっているとしか思えませ…

アルキメデスの大戦を見て、現代の日本に重ねて想うこと

2019年夏に公開された映画「アルキメデスの大戦」DVDを観ました。 ストーリーは戦艦大和建造を巡る戦争映画です。菅田将暉さん演じる天才数学者の櫂直(かいただし)が、数学の力で戦艦大和の建造を阻止し、戦争さえも止めようとした男の物語です。 実史に基…

真実を歪んで伝えるメディアの末路

2020年1月21日の朝日新聞社説 「財政健全化に向けて目標実現の具体策を」という記事を読んで思うこと 政府の見解を述べているのはいいけれど、言っていることが正しいのかどうか理解をせずにそのまま伝えていることに違和感を感じます。 社説って新聞の顔で…

中高年社員を“妖精”と呼ぶ若い人にひと言物申す

朝日新聞に「働かない中高年社員を妖精と名付けた若手社員」の記事が掲載されていました。 妖精とは? 定年間近のシニア社員のことを指した言葉です。朝は定時に出社するのだけれど、いつの間にか席を離れ、気がつくと会社からいなくなってしまう。そんなシ…

今だけ金だけ自分だけという考え

昨今の政治の世界に感じるのは「今だけ金だけ自分だけ」という風潮です。 他の方々のブログでもこのテーマに関して思いの丈を述べられていますが、予備知識として読み過ぎると自分の考えがブレそうになるので、敢えて直感的に思うことをお話しします。 今だけ…

私でも理解出来た、とんでも経済学入門

そもそも一介のグラフィックデザイナーである私が経済学という畑違いの世界に興味が湧いた理由は、藤井聡氏、三橋貴明氏、中野剛志氏、国会議員の西田昌司氏、安藤裕氏らが参加するYouTube動画の経済討論会があまりに分かりやすく面白かったわけですね。 借…

MMTという超異端理論を排除したい人達

2020年現在、20年以上続くデフレであるにも関わらず、一向に経済が改善される見通しのない状態が続いています。2019年春以降、MMT現代貨幣理論が熱く語られておりますが、主流派経済学の名の下、異端理論の烙印を押され、なかなか日の目を見ない状態です。 2…

子供への間違った刷込みは危険です

とあるYOUTUBERさんの動画で、中学生が書いた「税金」に関する作文が逆の意味で素晴らしかったので紹介していました。原文そのままではないですが、一部を紹介いたします。 税金を使うべき物に使い、国民が納得できるようにしています。だから税率アップに敏…

リフレ派 vs MMT論者の妥協点なき争い

これを執筆しているのは2020年1月現在ですが、某有名無料動画サイトで気になる動画をつい拝見してしまいました。(悪い意味で) タイトル(仮) 「上念司のMMT見解」 経済評論家の上念司氏がMMT現代貨幣理論に関して扱き下ろしている内容です。 ちなみに上念…

2019日本経済 最大級の理不尽な出来事

これを執筆しているのは2019年12月末ですが、そもそも政治経済に関して無知であった私の考え方を変えさせた出来事が2つあります。 消費増税10% 「こんなに危ない消費増税」と「目からウロコ・・奇跡の経済教室」本との出会い きっかけとなった消費税増税10…

目からウロコが落ちまくった「奇跡の経済教室」

中野剛志氏の「奇跡の経済教室」を拝読しまして、昨今の政治経済の有識者にありがちな落とし穴について思うことをお話しします。 MMT現代貨幣理論に対する批判について 2019年7月に来日されたステファニーケルトン氏の講演をご存知の方はいらっしゃるでしょ…

グラフィックデザイナーがリスク回避するには

有名タレントや俳優が不祥事を起こして、出演中のドラマやCMの降板を余儀なくされ、その賠償額が数億にのぼるなんて話をよく聞きます。メディアの先にいる人達はイメージが全てです。民放の場合、その番組のために出資している会社としては、顔に泥を塗られ…

本日は雑記・・・思うこと多過ぎる

〜今日のテーマは雑記ブログです〜 年とって身体に鞭打ってまで働きたいのか?という話 以前いた会社の先輩から仕事の依頼がありました。打ち合わせはそこそこに、時間があったので気になることを聞いてみた。 Aさんって来年定年でしょ?確か会社は68歳まで…

この気分はセブン−イレブンの販売お手伝いの罪ですか?

セブン-イレブンの本部担当者が、フランチャイズのオーナーが不在なのを見計らって、勝手におでんの具材やらを発注したという話。 ニュース等でも取り上げられていましたが、オーナー曰く 8月の暑い時期におでん?売れる分けないだろ!9割がた廃棄だよ また…

納期という縛りに苦しむ人達

私たちは日々何がしら生産したり消費したりして生活しています。 生産者側にまわれば、消費者からの納期限の指示を守る義務があるし、消費者から見れば、少しでも早く手元に届くことを望みます。 得意のフリマ「ココナラ」で仕事をさせて頂くなかで、「納期…

プライマリーバランス黒字化という悪

みなさんプライマリーバランス(Primary Balance)という言葉を耳にしたことがありますか? 私自身、この漫画本を読むまで全く知識がありませんでしたが、表面的にサラッと読んだだけでも、“ちょっとこれ・・・ヤバいヤツ”って感想。 ものすごく簡単に荒っぽ…

貴様!90歳まで働けというのか?

世の中100歳時代といわれています。 そういう私の義母も御年93歳・・・・こんなに長く生きるつもりはなかったと常々口にしていました。そうなんです、人っていつまで生があるのかは自分では決められません。 だからずっと不安なんですよね。義母がよく口にす…

フリーランスを搾取するインボイス制度(重要)

2019年10月から消費税が10%になったのは周知の事実ですが、その中にこっそり紛れ込んだ悪税が見え隠れしています。 何を隠そう インボイス制度という悪税 どういうものか私の知る範囲でご説明します。 そもそも消費税 インボイス制度を語る前に、簡単に消費…

人生の最後が一番裕福な人の末路

2019年の春頃に世間を賑わした2000万円問題。 ものすごくザックリいうと 65歳で定年後、夫婦共に90歳〜95歳まで生きられるとして、平均的な年金受給額では月々5.5万円の不足が生じるといいます。 月々5.5万円不足×12ヵ月×30年=1980万円 思うに、現在その状…

増税で愚痴るだけの人と前向きに捉える人の差

1989年の3%から30年が経過し、令和の時代には消費税が10%になりました。年間所得のひと月分に相当する税金を支払っていることになります。 増税に対して、「もうアカン!廃業や!」とか「生活が成り立たんわ!日本終わりや」とかおっしゃる人多数・・・・…

プロパガンダという危険極まりない行為

プロパガンダとは? 特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為のことです。 2019年10月21日の朝日新聞(ネット)に信じられないような記事が掲載されていました。 消費税増税に国民の半数以上が納得しているというアンケートです。 ええええ…

誰かの利益のために子供をダシに使っていいのか?

某国営放送の番組で、スウェーデンの少女が地球温暖化を訴えるスピーチをしていました。 小さい子供ながらに将来を懸念してるんだなぁと思う一方で、冷静に考えてみた。 こういう年端もいかない子供達の言葉って確かに人の心を揺さぶるけど、過去においてこ…

手取り14万円で勤続12年は終わっているのか?

某サイトでそんな話題が賑わっています。 都内で働いて役職もあって勤続12年で手取り14万円・・・・日本終わってるよね そのツイートに対し◯エモンさんが「お前が終わってんだよ」と吐き捨てたとか。 僕の結論 ◯エモンさんに100%賛同するつもりはないけど、…

イソップ童話「北風と太陽」で消費増税を考えてみた

イソップ童話のひとつ「北風と太陽」というお話。 ストーリーを簡単に説明すると、北風と太陽が「どちらが強いのか」を競い、力比べの勝負をすることにしました。 ルールは、「道を歩く旅人の上着を脱がせたほうが勝ち」という簡単なものです。 まず北風は、…

こんなに危ない!?消費増税っていう本

僕でも理解!消費増税の仕組み 1989年に3%、1997年に5%、2014年に8%に上がり、2019年10月から消費税が10%になりました。この短い間にこれだけの増税が繰り返されたわけです。 正直なところ、経済のことはよくわかりません。でもこの漫画本を読んで、消費…

こんなに情けない結末は嫌です

得意のフリマ「ココナラ」で、これで何度目でしょうか?サービス購入者から無視されたのは・・・・ 返事が無いまま1週間2週間経過し、事前にお送りした最後通告も無視され、止むに止まれずこういうメールを投げつけてキャンセルという最悪の結末を向かえまし…

1分の遅刻と1時間の遅刻とではどちらが許されるか?

あなたは時間に厳しいほうですか? ビジネスにおいて時間を守るということは最低限のマナーです。 とはいえ、前後に入った仕事の状況や交通事情、またその日の体調によって必ずしも守れるかというと難しい面があります。 予定は変わるという前提で考えてくだ…