50代でフリーランス 後悔しないための自遊な生き方

50代 フリーランスで成功させるために僕がやろうとしていること

街の本屋さん事情 売れるかどうかはカテゴリーと魅せ方が9割

お店に行かなくても物が買える、いわゆるネット通販が全盛の昨今です。 このままでは店で物を買うという習慣そのものが無くなって、ネット上の仮想売り場オンリーの世の中になるのではという懸念もあります。しかしつい最近立ち寄った大手書店の素晴らしさに…

仕事を時給で考えると限りなく気持ちが落ちる理由

自分が今やっている仕事がどの程度の価値があるのか、それを知る術として「時給に置き換えてみる」という見方があります。 パートやアルバイトで仕事をすると、時間に対するお金の感覚が正社員より明確です。 時給:◯◯◯円〜なんて条件が提示されるわけですか…

利害が一致するとはこういうこと

利害関係とは? 同じ物事によって得をしたり損したりする関わり合いが食い違いなく一緒であること ・・・・辞書の載っている過不足ない説明ではピンと来ないので私自身の実例を元にご説明させて頂きます。 目次 昔ながらの考え方・・・利害の一致とは? 実際…

発達障害という言葉

最近の私自身のブログのテーマに「個人差」について書かれているものが幾つかあります。 目次 知能検査というテスト 発達障害という言葉は自分に当てはまるのか? 出来ることも個性、出来ないことも個性 人はそれぞれ違うもの、誰ひとつとっても同じではない…

“普通”の個人差を理解してください

ある人にとってみればパワハラと感じ、別に人から見れば普通な出来事と思う。その線引きは相変わらずグレーゾーンです。何故かというと「感じ方の個人差」があるため、第三者に判断がしにくい訳です。(第三者の感じ方も違いますから)その部分を把握した上…

適当とテキトーは違う

「適当」という言葉を聞くとどう感じますか? ええ加減、雑な感じ、深く考えずに起こす行動や選択・・・等、あまりいいような意味合いでは語られる言葉ではないですね。 私の記憶の中では、仕事に於いてこの言葉を使われると、実に困る事が多いわけです。 こ…

どちらが早いか勝負ですよ

在職中に同僚の女性から挑戦状を叩き付けられたことがあります。 なんの?? DTPソフトのオペレーションの早さ競争です。 なぜそんなことになったかというと、イラストレーター上でよく使う一連の単純処理を通常の半分くらいの時間で出来るスクリプトを彼女…

友達という関係が煩わしいと思うあなた

私自身SNSのおかげで、いわゆる「友達」というものが僅かながら存在しています。LINEやFacebook、Twitter等、利害関係で繋がった4人・・・正確にいうと2人だけで後は家族。あまりの少なさに大笑いされたことがあります。“少なっ!性格に問題ありなん?”と・…

真実は人の数だけ 事実はひとつ

「事実」と「真実」の違いを説明できますか? いきなりそんな質問されても「はてな?」って思われるかもしれません。 昨今はSNSでの膨大なやり取りだけで、人と繋がっているような気にさせる世の中です。逆に現実に目の前にした人間関係は、希薄になるばかり…

あの時の自分に言っておきたいことはありますか?という質問

長い人生の中で、時には迷い、時には決断しながら現在の自分というものが存在するのは誰しも理解していることです。 いわゆる人生の分岐点が多ければ多いほど、後になって思います、あの決断や選択はベストだったのだろうか・・・と。 今後悔しているわけで…

ありえないデザインなんてありえない

※同タイトルの書籍がありますが、その内容とは全く関係がありません。 今でも忘れられない学生時代のお話です。 とあるデザイン専門学校の通っていた私。イラストレーションの授業で幾つかのテーマがあって、それに即したポスターを作成するという課題があり…

避けては通れないPTSDのお話

今だからお話できる心的外傷後ストレス障害(PTSD)のお話 強い精神的衝撃を受けることが原因で、心身に支障をきたし、社会生活にも影響を及ぼす様々なストレス障害を引き起こす精神的な後遺症、疾患のことです。トラウマとも呼びますね。 一般的な能書きは…

人生100年時代で50代以降の社員の生き残り策

某ベテランアスリートが、チームの若返りを理由に戦力外通告を受けて今季限りで退団・・・っていうニュースをいろんなとことから聞きます。 選手としてはまだまだ現役を続ける力があり、他のチームに行けばあと数年は戦力にはなる・・・しかしチームとしては…

利益を上げるには川上に行くしかない

これを執筆しているのはフリーランスで仕事を始めて4ヶ月経った頃。やる前からわかっていたこと。やってから気がついたこと等いろいろです。 フリーランスで仕事を始める前からわかっていたこと やった仕事の分しか貰えない 定期の仕事以外、出たとこ勝負 営…

活版印刷に恋した本

活版印刷三日月堂の4作目を早々と読み終えた後の余韻に浸りながら、またまた活版の本を読書中 16年前に出版された本です。 ネットでこういう本が簡単に見つけられるわけですから、いい時代です。 表紙も同様に、手書きの挿絵がふんだんに使われた、ものすご…

好きなのに読めなかったお気に入りの1冊

ほしおさなえさんの著書 活版印刷三日月堂 読み終えるのに半年かかったお気に入りの1冊です。 何故そんなに読み進まなかったのかという理由が後ろ向き過ぎます。 仕事柄、元々活版印刷に興味があり、自費でレタープレスセットを購入して、将来の仕事の一部…

出会い系サイトをお題にした本を読んで

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと この長い長いタイトルの本を読まさせていただきました タイトルにつられて思わず買ってしまったことは否めなせん。 ヴィレッジヴァンガードの女性店長が出会い系に登…

暇つぶしに似顔絵描きました

前にいた会社からのお仕事で、ホームページ用に社員の似顔絵を載せるので人数分描いて欲しいという依頼。 似顔絵といっても、リアルな写真をイラストレーターでトレースして、若干(いや、かなり?)デフォルメして描いたわけです。 ↑これはその流れで描いた…

「聞く」を「聴く」に変えることで得られる大切なこと

コミュニケーションは、私のようなフリーランスの仕事形態であっても、企業の中で仕事をしていても重要な要素ではありますが、コミュニケーションの肝とも言える受け手に関することをお話しします 目次 「きく」には3種類あります 傾聴の意味とは? コーチ…

評価することの功罪

人を評価することを功罪って言ってしまうと、「ならばどうやって給料を決めるねん?」っていう部分の話になります。おそらく100人いたら90人くらいは“評価”という言葉を聞いただけで萎縮します。自分の能力が露になって出来ていない部分を突かれて給料がマイ…

元いた会社に出戻るという愚行

出戻りとは? 一度出かけて、途中でもとへ戻ること。 嫁いだ女性が、離婚したり、夫に死別したりして生家に戻ること。また、その女性。 ここでいう出戻りというのは、何らかの理由で会社を辞めたものの、やっぱり前いた会社のほうがよかったよなぁと思い、元…

不本意だけどそうせざるを得なかったこと

フリーランスで仕事をしだして現在3ヶ月目。 前職場からの仕事依頼が多くて忙しい・・・・いいことやん!とも思わない。その理由は? フリーランスで仕事をしていると極端に誰かと話すことが無くなるのは以前のブログにも触れていることで。 思いを聞いてく…

僕のとってデザインとは自己表現の手段

とある人物から質問をされた あなたは仕事に楽しみを求めているのですか? 私:はい(即答) そういうあなたは仕事は楽しくないのですか? 彼女:私は仕事は遊びではないので楽しみを求めるとかやりがいとは考えたことがありません。 僕:でも興味があるから…

過労死って結局誰が悪いのでしょうか?

こういう問題を、いいか悪いかという二択で結論付けるのはどうかと思うし、“誰か”を犯人に仕立て上げることも気持ちよくありません。 目次 残業代が支払われている残業は正当なのか? 自分の体と会社 どちらが大切なのか? 誰が悪いのかという犯人探しは不毛…

リーダー必見!仕事を「振る」と「任せる」の違い

まだ私が会社勤めをしていた頃(ほんの数ヶ月前ですが)部署のリーダーが課員に対して仕事の割り振りをしていたのですが、違和感を感じつつそれが何なのか今になってあれってやっぱ変じゃない?って気が付いたことがあります。 A さんにはこの仕事を振って、…

後悔したくない人に知って欲しい正しい選択、決断とは?

あなたが生きてきた人生で、分岐点ともいえる選択に迫られる機会が一度や二度、いや両手両足をたしても足りないくらいあるでしょう。 高校や大学の進路、就職先、結婚、仕事をしていく中では選択の連続ですね。そして退職という引き際まで含めると、仮に順風…

お金以外で部下のモチベーションを上げる方法

人のヤル気の源は何?っていう質問。 会社組織の場合は給料の多い少ないで「ヤル気」が出るとか出ないといわれますが、確かに一部は当たっています。いわゆる報酬というやつですね。自分が行ったことに対する対価は大きいほうがいいに決まっています。 目次 …

人との距離を感じる人必見のコミュニケーション術

フリーランスという仕事形態、私の場合、簡単にいえば自宅で1人で自分の裁量で仕事を請け負っているわけですが、やり始めて思ったこと。 情報のやりとり、いわゆるコミュニケーションが如何に大切なのかを思い知らされています。 目次 そもそもコミュニケー…

年齢不問といいながら年齢を理由に断られた笑い話にもならない話

フリーランスで仕事をしていながら、世間的には会社に属さない人間は失業扱いにするという、私としてはなんとも不条理な話。 失業給付金等の関係で表向き求職活動をしている最中(そういうと真面目に求職している人を邪魔している不届き者扱いされそうですが…

働いている姿を家族にさらすということ

会社勤めを続けていると、ほぼ100%自分が働いている実地の姿を家族に見られることはありません。 電話でお客様にクソカスに怒られようが、上司に間違いを指摘されて凹んでいようが、黙って家に帰れば家族は気が付くことはないでしょうね。 よほど腹に据えか…