50代フリーランスは自己責任という足かせを履いた自由な世界

成功させるために僕がやろうとしていること

増税で愚痴るだけの人と前向きに捉える人の差

 

1989年の3%から30年が経過し、令和の時代には消費税が10%になりました。年間所得のひと月分に相当する税金を支払っていることになります。

増税に対して、「もうアカン!廃業や!」とか「生活が成り立たんわ!日本終わりや」とかおっしゃる人多数・・・・と思いきや、目の前の事実に直面し「どないかせんといかん!」と前向きに捉える人もいるわけで・・・・

どちらの気持ちもわかります。

私自身、税金の使い途や消費税制の逆進性に対して理不尽に思うこと数多で、ブログでいくらか触れていますが、愚痴愚痴言っていても仕方ないわけで・・・・

ならば具体的にどう対処するの?

真面目に無い頭で考えてみました。

キャッシュレス決済で最大5%ポイント還元

9カ月間の限定ではありますが、キャッシュレス決済を利用することで増税分を相殺可能だそうです。という私自身、生まれて此の方、自分名義のクレジットカードを所持したことがありませんでして・・・

増税によるPt還元云々のメリットなどはどうでもよくて、レジでスマホやカードをかざして今風に簡単にレジを済ませたかったという理由でドコモのiDを使うようになりました。

実は本当の理由は別にありまして

老眼で小銭をお財布から探すのが困難になってきたことと、数年前に患った頸椎ヘルニアの後遺症で指先の自由が効かなくなり、お金の取出しに時間がかかるから。レジで後ろに人が並ばれると焦ってしまう質なもので・・・・(下らない理由ですね)

確かにキャッシュレス決済は楽ではあるけれど、だから何なの?という部分が多いわけです。別にPt還元されて得するからという理由で皆さん物買ってるの?って思う。

店の方にしてみても、手数料を決済代行業者へ支払うわけでしょ?Ptも期間限定だし。

何がよくなったのかわからず、流行を追っかけているだけで、国の税収とは違う部分の問題なような気がします。

若干訂正・・・・

国がキャッシュレスに移行したい理由がもう一つあることに気が付きました。

ズバリいうと脱税防止

現金取引だと売ってもレジを通さずにポッケないないできるけど(これ脱税行為です)

キャッシュレスでは無理ですね。

※キャッシュレスを推進しているのに、数年後には新デザインのお札発行なんて、お国は何考えているやら(笑)造幣局の利益のためですか?

プレミアム付き商品券

小さな子どもがいる世帯や低所得の人を対象に、消費増税の負担を軽減するための制度です。そういえば、うちにも申し込み用紙が届いていました。20000円支払って25000円分のチケットを買え!ということだけど、あんなもの誰が買うのでしょうね・・・。以前にもそういうのあったけど、目の前のことしか考えてない愚策なのは誰でもわかるはず。明日の食費も大事だけど、今は5年後10年後の生活の見通しを感じることしないと失笑されるだけですよ。

 余計なものは買わない

増税対策としては後ろ向きなのは承知ですが、とにかく節約すること。無駄な買い物はしないこと。

  • 本は古本屋さんで購入(新刊が半額の場合あり)
  • 近場は車を止めて自転車で(健康にもいい)
  • 自身の生命保険の見直し(子供が就職したので)
  • 家のローンの前倒し返済(無駄な金利を払いたくない)
  • エコ冷蔵庫購入(前のが冷え方にムラが出てきたから)
  • 本の購入は経費で落とす(女性誌やジャニ本も)
  • 衣類はネットで最安値を探す(GUやユニクロを利用)
  • 本当に今必要かを考える(半分も読んでない本あるから)

1円でも収入を増やすことを考える

得意のフリマ「ココナラ」を利用するにあたり、サービス提供価格を引き上げ。

サイトに持っていかれる諸経費が販売価格の25%だから本当にキツいです。(5万円以下の場合)とはいえ自分の足を使って手の届く範囲で営業してもたかがしれていますし、諸経費を差っ引いてもココナラを利用する方が効率的です。取引したお客様は北海道から福岡までですからね。最近反応が鈍くなったので、サービス内容や価格の見直しを行いました。

お客様のビジネスに合ったイラスト入名刺を提供します 名刺は第一印象が命!好感度と信用度アップを狙います

自分なりの増税対策の結論

本音は、法人税所得税の穴埋めに消費増税するな!ですが、現状そういっても仕方ありません。

10%という税率は非常にわかりやすいので、購入時に「こんだけ余分にかかるんや」ってすぐ判断出来ます。かといって必要なものまでケチるのは後ろ向きです。

衝動で買わないのも対策の一つですし、レシートの10%8%の記載をチェックして自分がどれだけ消費税を払っているのかを意識するだけでも随分違います。たった2%の増税だし・・・って思っている人はおそらく、何%になっても変わりません。2%増税以前に元々かかっている8%を見てないのですから。