50代フリーランスは自己責任という足かせを履いた自由な世界

成功させるために僕がやろうとしていること

フリーランスを搾取するインボイス制度(重要)

2019年10月から消費税が10%になったのは周知の事実ですが、その中にこっそり紛れ込んだ悪税が見え隠れしています。

何を隠そう

インボイス制度という悪税

どういうものか私の知る範囲でご説明します。

そもそも消費税

インボイス制度を語る前に、簡単に消費税のお話をさせてください。

今更感はありますが、物を買うと10%の消費税がかかります。1000円の商品だと100円が消費税ですね。

当然一般消費者だけではなく、商品を販売しているお店も消費税を払っています。

  • 商品を仕入れる際、問屋や卸しに対し、支払われるもの
  • お客様から頂いた代金から税務署に納める消費税

すべてのお店が税務署に納税しているわけではなく、売上1000万円以下*1の事業所と新規事業立ち上げ2年以内の事業所は消費税を支払う義務はありません。

*1 正確には2年前の売上が対象になり、その時点で1000万円以下の場合は免税になります。

ですから、私の場合、これを執筆時点においてフリーランスで事業を開始して1年半ですから、現在免税対象です。また、一昨年前は売上がゼロなので、来年も免税対象なわけです。

消費者と事業者の支払う消費税の意味は?

私のような売上1000万円以下のフリーランスは納税義務はありません。また、お客さんから消費税を頂けたとしても、納税せずに売上の一部にしてもOKというのが現在の制度です。当然の如く、納税者という届出もしていないわけですね。

 消費税の流れを言葉で説明すると難しいので図にしてみました。

f:id:yoshipapa3911:20191104151446j:plain

  1. 印刷会社がフリーランスのデザイナーにデザイン外注します
  2. デザインを納品後、デザイナーは印刷会社へ請求します(税込11,000円)
  3. 印刷会社は、源泉所得税を差っ引いて支払い個人事業主のみ*2)
  4. 印刷会社はエンドユーザーに税込33,000円で販売
  5. 印刷会社はデザイナーに支払った消費税分を差っ引いて消費税2000円を納税仕入れ税額控除*3)

 *2 法人ではないフリーランスデザイナーには事業者が源泉所得税を支払う義務があります。その税率は、税抜き請求金額の10.21%となり、上図によると、1021円を差っ引いて外注先に支払われます。

 *3 事業者は既に仕入れ業者(外注デザイナー)に消費税10%分(1000円)を支払っているので、税務署にはその分の差額2000円を納税します。

問題のインボイス制度とは?

ズバリいうと、納税の義務を果たしており、適格請求書発行事業者登録をしている事業者が発行出来るインボイス (請求書)のことです。

適格請求書発行事業者になることで、取引先が仕入税額控除が出来るようになります。

外注先が納税免税関係なく、仕入控除出来る仕組みでしたが、インボイス制度により、免税事業者及び適格請求書発行事業者登録をしていない事業所からの請求書では仕入れ税額控除が出来ないようになります。

上図-5だと、外注デザイナーに支払った消費税1000円を差っ引いてデザイン会社は2000円納税していますが、適格請求書ではない場合、既に消費税分を支払っているにもかかわらず、適格請求書がないので支払った証明にならず、控除できずに3000円の消費税を納めないといけないということになります。

f:id:yoshipapa3911:20191104151517j:plain

そうなると起こりうることは

  • 適格請求書を発行出来ないフリーランスには仕事を発注しにくい
  • 事業所は支払った消費税分をキッチリ控除したいので適格請求書発行事業者に発注するようになる

現状私の場合、事業者宛の請求書には、消費税記載はしていません。(税抜きのみで請求)ネットのココナラサイトでも、価格は税抜き価格での取引になっています。納めることのない消費税を売上の一部にするという姑息なマネはできないという歪んだプライドのせいです。今はいいとしても2023年10月1日からインボイス制度が導入されることを考えると・・・目をそらしているわけにもいきません。

今後、免税業者の立ち位置はどうなる?

 結論を先にお話ししますと

  1. 売り上げ関係なく、納税業者になり適格請求書発行事業者登録する
  2. 免税業者のままで、消費税分を値下げする
  3. 価格関係なく「君のデザインが欲しい」と言われるまでスキルをあげる
  4. これを機にフリーランスを辞める

どれを選んでもしんどいことこの上ないですよ。

屁みたいな売上げなのに納税者登録すると経理上の処理で時間が取られるし、免税業者のままだと仕事が無くなって自然廃業の可能性もあるし・・・・。

そう簡単にスキルアップ出来るとも思えず、辞めるのも負けを認めるようで嫌。

安易な値下げは自分の首を締めることになるので、もともと消費税分を請求しているわけではないから、どないか現状の価格で仕事ができるように交渉するくらいしか頭に浮かびません。

それにしても・・・・

私の数百万倍の利益を出している某携帯会社が姑息な方法で納税を免れている事実・・・1円も払ってないって耳を疑いたくなる話じゃないですか!?

日本の政治は大企業と富裕層優先といいますが、このままだと私が終わる前に日本が終わってしまうんじゃないかと危惧してしまいます。

追伸・・・・

インボイス制度に関して理解不足が多々あり、「この解釈違うやろ!」という部分は流し読み下さいませ。