正しい回答をすると怒られる件

日本政府が出題した国語の問題です。

  1. 外国人労働者
  2. IR法案
  3. 少子化
  4. インバウンド

この4つの単語を使って、作文しなさい。

Aくんの回答

少子化による労働者数の減少は近い将来経済成長を鈍化させる恐れがあります。政府は人材不足の民間会社の生産性を向上させるために外国人労働者の受け入れや高齢者の雇用延長、働く女性を支援するために託児所の充実も図っています。またIR法案が可決されることにより、外国人観光客を日本に招き入れインバウンドによる経済効果を狙っている。

私の回答

少子化は雇用形態が安定しない非正規社員の増加や賃金低下により結婚する資金がない若者が多いことが原因。さらに安い賃金で働く外国人労働者が参入してきたことも賃金が上がらない要因。政府はIR法案を可決させ、カジノでインバウンドによる景気回復を狙おうとしているが、そもそも博打で経済成長させようなんて三流国のすること。日本人労働者の手で内需拡大し経済を発展させるべきである。

おそらくAくんの回答は模範になると思います。

かたや私の回答は×でしょうね。

外国人労働者を安易に受入れる必要ないでしょ?内部留保をたらふく溜め込んだ大企業は氷河期世代の人材を正規社員として多く雇い入れ、アメ型経済成長させることが実現すれば、少子化問題も一挙に解決するでしょうに。

余談ですが、少子化は女性が産む子供の数の問題ではなく、経済的理由で結婚出来ない若者が多いことが原因ですから。

IR法案には呆れてしまいます。可決する前から何もかも真っ黒です。IRって殆どが外国資本でしょ?日本からお金を吸い上げられるだけで、誰も幸せになりません。そもそも博打で経済成長させようと本気で思っているんですか政府は・・・。

Aくんのように優等生の回答は私にはできません。