仕事は忙しい人に任せろ!は正しいのか?

企業に在職中によく上役から言われた台詞で「仕事を頼むのならば忙しい人に依頼しろ」。意味は言わずもがなで、仕事をたくさん抱えても段取り良く仕事を廻せる人は優秀であるから、成果も優れているという論調です。

確かに社内で仕事をしていくさ中、技術不足てモタモタしている人より、テキパキ作業している方に仕事が廻るのは事実ですが、任される側の心理はどうなのでしょうか?その辺を考えてみたいと思います。

責任感の強い人ほど限界を見ようとしない

来るもの拒まずで、依頼された仕事は全部こなす勢いで仕事をする人は、見るからにエネルギッシュです。でも人ですから、時間的体力的限界があるのは当然のことで、これ以上は手から溢れるのが分っていながら強い責任感故に“任せとけ!”って虚勢をはる人は少なくありません。

何を隠そう 私のことです

自分のレベルを自慢する気などさらさらありませんが、他の人に任せるより自分がやった方が早くて上手という、最悪な思い上がりがありました。部下からしてみればたまったもんじゃないですね。でもクライアントから「Yさん(私)にお願いします」なんて名指しされれば、ええ加減なもの作れないじゃないですか。自分一人でたくさん仕事を抱え込んで「ひとり相撲のYさん」なんてレッテルを張られたわけです。

で・・・結果はどうなったか?

身体を壊し3ヵ月休みました・・・・

年齢的な体力の衰えと激務が重なって、身体がまともに動かないのに使命感だけで仕事を続けた結果です。その後私不在でも仕事はきちっと廻っていたことを考えると、仕事ってチームでするものだと思い知りました。「ワンチーム」という流行の言葉そのものです。

自分の器を直視出来ていれば、こんな結果にはならずに済んだと思っても後の祭りです。その後の仕事の仕方を変えるきっかけになりました。

頼む側からしてみればこう思う

会社に復帰後、冒頭の「仕事は忙しい人に頼め」を実践すべく、外注のフリーランスの方に仕事を依頼する機会が増えたわけですが、気を付けていることが2点あります。

  1. 納期と金額と品質において妥当か?
  2. 「忙しい」「混んでいる」「バタバタしている」仕事の内容以前に、その言葉を冒頭に触れようものならば仕事は絶対に依頼しない。

2.は「仕事は忙しい人に頼め」の教えに反することですが、考えればわかることで、最初にそこに触れるということは「拒否反応」の現れです。まだ「ぼちぼちやってます」のほうが聞こえがいいじゃないですか?(関西的に「ぼちぼち」は忙しいながら無理なく儲けさせてもらってますの意味。感謝が感じられます)

技術的に出来なくて断るのは仕方ないですが、納期的に「◯日間制作に充てられるならば」という条件が合えばOKです。

 余談ですが、現在フリーランスの私個人として仕事の依頼や打ち合わせ時間の約束をする場合、お相手の「毎日予定が入っているから」のひと言で「この人に頼むの止めとこ」ってなること数多。先の「忙しい」「混んでいる」「バタバタしている」と同義語だし、無理している感満載で、自分のためにわざわざ時間を作ってもらう申し訳なさが先に立って嫌です。

ビジネスなんだから、そこまで気を遣う理由もないとは思うものの、気持ちよく仕事が出来そうな気がしない人とは一瞬たりとも関わりたくありません(ちょっと堅物ですね・・・)

忙しかろうと暇であろうと結論をいうと

忙しい人が仕事をたくさんこなしているかどうかは結果論であって、依頼側はそれを基準にしてはいけないと思います。少なくとも拒否反応の言葉が見え隠れする人に発注したくありませんし、多忙な仕事をどのようにこなすかは受注側の問題なので、とりあえず四の五の言わず二つ返事で請けて頂きたい・・・・それが発注側の意見です。